【北の大地旅行記-その1】

「①「2番谷木」で有名な谷木さんのおでん屋さんを訪問したぞぉの巻」

-----------------------------------------------------------------------
レポの前に谷木さんのプロフィールを (Wikipediaより)

1945年11月12日
北海高時代、甲子園に3回出場。
特に準優勝した1963年の選抜では、1試合5盗塁の大会記録を含む9盗塁をマーク。
快速選手として大いに注目される。
卒業後立教大学に進み、1965年秋のリーグ戦では首位打者を獲得。
その後新日鉄室蘭を経て、1973年ドラフト3位で中日ドラゴンズに入団。
既に28歳で2人の子持ちであった。
  1位:鈴木孝政 / 2位:片貝義明 / 3位:谷木恭平 /
  4位:田野倉利男 / 5位:伊藤弘利 / 6位:豊島寛 / 7位:辻哲也

年齢的にややピークを過ぎていた感があったものの、入団2年目の1974年には2番センターに
定着、2本のサヨナラ安打を放つなど、中日の20年ぶりのリーグ優勝に攻守にわたって
貢献した。

やや中腰の構えからのしぶとい打撃、守備や走塁のカンの良さには定評があり、
マーチン・井上弘昭・大島康徳・藤波行雄・田尾安志など、
リーグ一の布陣と評された70年代半ば~後半の中日外野陣の一翼を担った。
1980年の引退後は、郷里である札幌市すすきのでおでん一平西店を営む傍らスカウトを務め、
1994~95年には中日の1軍外野守備走塁コーチも務めた。

<通算成績>
737試合 1377打数355安打 21本塁打 93打点 48盗塁 222三振 149四死球 打率.258


燃えよドラゴンズ登場は3回だと思います。

   1974年             
   一番高木が塁に出て      
    二番谷木が送りバント     
    三番井上タイムリー
    四番マーチンホームラン

   1975年
   近藤 森下 徳武の
    ブロックサインをスタートに
    井出が谷木が走り出す
    ミヤーン打法の正岡も

   1979年
   不死鳥谷沢の弾丸ライナー
    森本 谷木の代打陣
    つづけ田野倉 大河原
    華麗な守備の正岡も

-----------------------------------------------------------------------

それでは、レポに入ります。

17:00からの営業開始との事で、15分前にホテルを後にする。
 (家族はサッポロファクトリーへ買物。 個人行動です)

ネットで調べた住所を頼りに、3分前に店を見つけました。
店外で写真を撮ったりして時間をつぶしました。

画像

17:00になりましたが、まだ準備中(店内は電気がついています)
更に待つこと3分、おでん屋の大将がバントスタイルでのれんを
持って出てきました。 「きっ 来たぁーー」(織田裕二風にお願いします

目があった瞬間、「あっ違うっ・・」と心の中でつぶやき、
大将に尋ねました。

りーにん: 「ここ谷木恭平さんのおでん屋さんじゃないんですか?」
大将: 「違いますよぉ。 恭平の店は○丁目の角のビル」
りーにん: 「あぁそうですか、すいません。 行って見ます」   
  (住所言われても分からないが、知ったかぶりをする)

○丁目と言われても分かるはずもなく、地図を片手に探しました。
札幌市内は、○条○丁目となっている事も知らず、○条と○丁目を
間違って探していたため、どんどん離れて行く感じ・・・
周りは何やら、男の大人の世界の方へ。
店の誘惑にも負けず、さらに探せど見つかりません。

「そやっ、電話帳で探せばと」と公衆電話を探すも、これまた電話ボックスがなかなか
見つからへん・・・     歩く事5分、ようやく見つけました

電話帳で○条○丁目を確認し、更に5分歩き、ようやく「一平」の看板発見。

画像

この時すでに17:30を過ぎていました。
ビルの地下に降りて行くと、ありましたよぉ  営業していましたよぉ

中に入ると未だお客さんはおらず、大将が新聞を見ていました。
今度は目があった瞬間「あっ 2番谷木さん」と一瞬で分かりました

りーにん: 「谷木恭平さんのお店ですよね?」
谷木さん: 「はい、そうですよぉ」
りーにん: 「札幌へ来たら一度は訪れてみたいと思っていました」
谷木さん
: 「あーそうですか。ありがとう。 どちらからですか?」
りーにん
: 「三重からです」
谷木さん: 「それはどうも」  と普通の会話をしました。

写真とサインをお願いしようと準備はしていたんですが、
谷木さん: 「写真とかサインは疲れるんだよねぇ~」
って先手うたれました。 握手だけはしてもらいましたが・・・

「さあ、おでんを食べるぞぉ~」とお品書きをチェック。
27種類ほどありました。

画像
                 後ろ姿はOKでしょう

りーにん: 「とりあえず生っとお願いしましたが、
瓶ビールが酒しかないとの事で瓶ビール(エビス)と、
おでんは、最初に”がんも” ”ふき” ”えび巻き”を注文。

画像

追加で”こんにゃく””たけのこ””ぜんまい””ちくわ”を。
う~ん、美味しかったぁ。

おでんを食べながら、ドラゴンズ時代の話を少々。
S49年時の優勝時の話や外国人(ローンやデービス等)、
現ドラ選手で係わりのある選手は、立浪選手・井上選手・山本昌投手(監督コーチ除く)
の3人位になって、行きにくくなったとの事でした。
星野さんの事も仙って呼んでいたし(谷木さんが1コ上)、元ドラゴンズの選手だったんだなぁと
実感しました。
 (舞い上がっていたので、詳細忘れている所もあります)

その他は、札幌ラーメンの美味しい所を聞いたり、観光について少々お話を。

18:15頃、他のお客さんが来たので、あまり長居し迷惑をかけてはいけないと思い、
ここでおあいそ

¥3300也。 小銭が¥195しか無かったので¥10000出そうとしたら、
「細かいのあるだけでいいよっ、せっかく来てくれたんだから」 と言ってくれました。
この気持ちがすごく嬉しかったです。 ありがとう 谷木さん。

短い時間でしたが、S49年の20年ぶりの優勝戦士に会えて、この旅行の目的は果たした
感じになっていました

あ~行って良かった~ 何事も行動は起こす事ですねっ

うまく伝わったかどうか分かりませんが、北の大地旅行記-その1 終わりぃ~。

                 
                                おしまい、おしまいぃぃ--



            ☆谷木さんのお店の住所はこのブログでは公表しませんが、
             ぜひとも行ってみたいという方が見えたらメッセージ下さい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年04月01日 19:51
オレは話し下手なんで普通に入って、ささっと食べて話しも出来ずに帰ってくんだろうな(笑)。その前に間違って行った店で食べて帰ってくか(苦笑)。いい思い出が出来てよかったですね。^^
りーにん
2008年04月02日 21:04
>オレのドアラ様

私の方が話し下手だと思いますが・・・
丁度開店直後で他にお客さんがいなかったので助かりました。
店内は、谷木さん本人やドラ選手のサインや写真もなく、
谷木さんを知らない人だと元プロ野球選手だと気付かないと
思います。 これも谷木さんらしいかなぁ~。

最初に行ったお兄さんの店を去るのも、さすがに気が
引けましたよぉ。
機会がありましたら両店に是非とも行ってみて下さい。
2008年04月02日 23:23
てことは、つまりその、ススキノには同名のおでん屋さんが2つあるってことですかい?
良かった。今度行くとき間違えずに済む(笑)

ワシだったら「男の大人の世界」にフラフラと行っちまいそうですけど。
2008年04月03日 11:48
レポありがとうございます。
当面は北海道へ行く予定が無いのですが、行く機会ができた時にはお店の場所を教えてくださいね。
 
りーにん
2008年04月03日 21:14
>広小路栄様

そーなんです、兄弟で夫々おでん屋「一平」(同名)を営業
しているんですよ。 どちらも中々いい感じのお店でした。
こんにゃくを頼んだら白こんにゃくでした。
普段黒ばかりのなので(糸こん除く)、凄く新鮮でした。
今度の札幌遠征時は是非とも行ってみて下さい。

「男の大人の世界」道を歩いていても、コンビニに立ち寄っても
きれいなおねーさんがそれなりの衣装で見えるので、
一瞬誘惑に負けそうになったのも事実です (^^;)
りーにん
2008年04月03日 21:16
>だやん様

少しでも状況報告ができ、行った気分になっていただければ
嬉しいです。
今度は、尾上さんのお好み焼き屋さん(千葉)に行ってみたい
気分なんです。
元でもドラ選手に会えるのは嬉しいものです。
だやんさんは、尾上さんって知っていますよねぇ!?

お子さんが離れていく前に是非とも北海道を訪れてみて下さい。
その時は、情報流しますね。
2008年04月05日 05:51
粘り強くお店を探し出した甲斐がありましたね(^^)
よりによって札幌にお店があるとは・・・(笑)
やはりいづれは故郷に戻るのが、選手といえども人間である証なのでしょうね。
次のレポを待ってます(^^)
りーにん
2008年04月05日 22:30
>はくば様

すすきのの誘惑にも負けず探したお陰で、
おでんもエビスビールも美味しく頂けました。

引退して監督・コーチ・裏方等プロ野球に残れる方、
TV・ラジオに残れる方も、ほんの一握りの人だけ
ですもんね。 それ以外の方は、やはり地元に帰って
となるんですよね。 厳しい世界です。

札幌思い出させて申し訳ありませんねぇ。
「北の大地旅行記-その2」はあのドームネタなんです。
モザイクでも掛けておきましょうかね(^^;)

この記事へのトラックバック