ニーハオ!


先日、私の町工場で『中国異文化公開セミナー』が開催されたので、行ってきました。

画像

                 この画像は、中国語講座に出演されている皆さんです。



画像


セミナー内容は、こんな感じ↓


画像



Part-1.中国人と日本人、どこが違う?

  店員のサービス、声の大きさ、色の好み、言葉の表現、時間のルーズさ、理想の高さ、生きる力、見栄等々。

  お互いの長所・短所はあるものの、やっぱ日本人の方がええなぁ~ (一応日本人なんで^^;)

  でも今の日本人にも中国人に近い人、中国人にも日本人に近い人もおるんやけど。

  その国々にあったスタイルが、1番なんやろな。   

  どっちがいいかは、分からん。


Part-2.中国におけるビジネスマナー

  接待は、必ず誘った方が出す。 割り勘はなし。

  会社の接待はそうだけど、仲間同士での飲み会もそうらしい。

  中国では、食べ残すのが礼儀。(全部食べてしまうと、足らなかったのかと思わせてしまうらしい)

  日本では、残す方が失礼にあたりますよね。(美味しくなかったかと思われます)

  面子というものがあり、人の前で叱るのはNG。 裏でちゃんと説明しながら叱らないとアカンらしい。


一応テキストに、書き込んでいました(眠気対策です^^;)


画像


あれれ、記載された言葉が変やん、マダムやん。


画像

                             「あるね」とか使っとるし^^;



Part-3.中国人と親しくなるためには

  歓迎時の握手は、強く長く。(握手の事ですよ^^;)

  相手の出身地を知り、その地方についての話をして距離を縮めるのが近道。

  現地の言葉で話す。(これは日本でも同じで、外国人が日本語を話すと嬉しいですよね)


Part-4.お付き合いの際の基本マナー

  名前は呼び捨てで呼ぶのが普通。 私も最初は感じ悪かったけれど、これが普通と思うとこれで委員です。

  お土産は必ず「Made in Japan」を。(私が持っていったのは、Made in Chinaが多かったな^^;)
  そうそう、女の人には日傘・男の人には鼻毛カッターが人気とか(^^)

  お見舞いに、梨とか林檎はダメらしい。 同音で悪い意味にとられる事もあるらしい。 ややこしい^^;

  
Part-5.中国でのタブー

  贈り物に、時計や緑に帽子はダメらしい。
    (これまた音の関係で、人の死を意味したり、侮辱の行為らしい) そんなもん知らんわな^^;

  政治や戦争の話もダメ。 まあ、これは分かるわな。


Part-6.困った時!

  トイレ事情。 大分ましにはなったらしいけど、紙のない所多し。
  私が中国に行った14年前、扉のない所ありましたから。 悪臭で鼻が曲がりそうになった事も^^;

  やらせ乞食が多いらしいので、割り切る心構えが必要。
 
  バッタもんの国 中国。 偽札も多いらしい。

  盛り場などは単独行動しない方がいいらしい。 私が行った所は田舎だったんで、個人行動してました^^;


こんな感じだったカナ。

知っている事の再認識、知らなかった事の再発見ができて、充実したセミナーでした(^^)

さぁ、行くぞ-中国

家族の全員が発する言葉






                           ひとりで行けば  
  



                                                あれれ(^^;) 
  


---------------------------------------------------------------------------------------


<おまけ-1>

先週、松阪に行ってました。

いつもの、ベルファーム


画像


色んな方の作品が、飾られていました。

画像



画像


みなさん、お上手です。

画像



画像



松阪公園

まだ黄金色には、なってなかったっす。

画像


黄色いじゅうたんが好きなんですが

画像


ギンナンの、あの臭いにおいは嫌いです(>_<)

画像



本居宣長さんの顔ハメがあったので、画像で落書き^^;

画像




小津安二郎青春館

---------------------------------------------------------------------------------
2003年(平成15年)12月12日、生誕100年を迎えました。
小津安二郎監督は、青春時代の約10年間を当地で過ごされました。
映画人生を歩むきっかけは、この地域の生活と環境が大きく影響したと考えられます。

小津安二郎青春館は、監督の青春時代を彷彿させる品物や関係写真などで当時を再現しています。
偉大な監督の代表作品や関連資料を展示することで、若い世代に引き継ぎ、第2、第3の松阪出身の
小津安二郎を輩出できればと思います。
また、映画の持つ温かさ、人間くささなど、私たちが忘れかけている郷愁、哀愁、そして家族愛など
「絆」を表現できればと考えています。

http://www.city.matsusaka.mie.jp/bunka/shisetsu/ozu/ozu.htmlからコピペ
---------------------------------------------------------------------------------
画像



画像



どんな作品があったのか、あまり知りません。

これはちゃうわな(^^;)↓














画像

 
                          小津監督、ごめんちゃいな(*^_^*)





                                            再見!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

ナンデ
2011年11月26日 18:00
いま読みました~イキチガイだわん

セミナーいったんですね、サスガ

森田検索してやぱ雑誌にしようかと。。。。

2011年11月26日 20:29
おつかれちゃ~ん!
今日は 「まぢめな」中国語講座かしゃんと思ったら…
お花も綺麗やなぁ~って癒されてたら。。。
最後に 今回の全てが凝縮されていました(笑)
確かに男性陣にとっては「硬派」になってまうやろなぁ(爆)

2011年11月26日 21:13
こんばんは。

中国と日本
いろんな意味で、つながりは深いですもんネ(複雑な面もあるけど・・・)
りーにんさんが指摘している
『今の日本人にも中国人に近い人、中国人にも日本人に近い人』
 それぞれ、いますネ~
それを、計るモノサシも、人それぞれですけどネ。

銀杏!食べるのは
  だ~い好きです。

りーにん
2011年11月26日 22:19
>ナンデ様、こんばんは。

「竜」と「中国」には、大きく反応するのです(^^)
今の仕事には、直接的な関係はないのですが、興味本位だけで
受講してきました(^_^)v
まぁ、行って良かったっすよ。 ブログネタにもなっとるし^^;

講師の方は、Made in Japanやったら ええって言うてましたよん。
私が中国に行った時のお土産や、国際郵便で送った時のブツ、
ロンモチ「made in China」やった(^^;)
怒っとったんやろな^^;^^;
りーにん
2011年11月26日 22:19
>さくら様、おつかれちゃ~ん!

誰が何と言おうと、ここは硬派ブログ!         のはずです^^;
真面目な話だけで終わったら、私らしくないっしょ(^^;)
読んで下さる皆さんも、何かのオチを期待されてるはずなんで、
その期待に応えやんとな。

最後の画像、何度消そうと思った事か。  あっ、1回だけやった^^;^^;

今は、DVDやネットで見られる世の中。
あのような映画館、少なくなりました。
りーにん
2011年11月26日 22:20
>ステップタッチ様、こんばんは。

近くて遠い国、中国。
広大な土地に、色んな民族が住んでいて、社会主義国家であって、
共産主義国家なんすよね。
日本とは違う、少し難しい社会なんでしょな。
LI-NINGがNIKEに負けているのが、中国人でない私が気になって
仕方のない事なんす(^^;)   加油、李寧!
お互い、良い所を伸ばしていけたらって思ってます。

銀杏、茶碗蒸しに入っていると豪華な感じがしますね。
でも、美味しいって思って食べた事ないや(^^;)
2011年11月27日 01:45
てい君、楊さん、劉君…その他数名

ウチの会社にも何人かバイトさんの
中国の学生さんがいます

全員に
「りーにん」知ってるかってリサーチ
回答率100%

この言葉でアプローチするのが基本だと
信じて疑わぬひばり組らん太郎。でした


困った時??

そりゃー「りーにん」の連呼でしょ!(笑)
2011年11月27日 07:22
私、貧乏あるね、リーにんさあん助けてあるよ。

で、ただ今上演中の映画館、はいたあるか?
2011年11月27日 08:06
えっ!?
これって今でも上映してんすか??
2011年11月27日 09:15
トイレ事情については、10年ほど前に「世界のトイレ」だったかな?
を読んで知っています。
イラスト入りの本でした!
って、オラは逆にみなさんにご迷惑をかけそうだなあ~。

19のとき、万里の長城を歩こうと一念発起したのですが…。
あっさり断念した記憶があります。
2011年11月27日 09:57
おはよう。

そうか、我が家の隣の中国人の嫁さんが旦那のこと呼び捨てにしとるのは中国の文化やったんや。

小津安次郎、文部大臣賞(多分?)貰っとる人やのに怒られるぞ…(笑)

そうそう、今日CBCのS・1に落合前監督生出演。
     じゃあ。
りーにん
2011年11月27日 11:31
>ひばり組らん太郎。様、こんにちは。

李寧といえば、昔の”体操王子”ですからね。
ルーマニアの、コマネチみたいな存在だったと思いますよん。
なので、「りーにん」の認知度が高いのは当然なんです。
でもね、私が時々やっている「LI-NINGポーズ」は、なかなか知らない
と思いますよ。
私みたいな、マニア様だけだと思います。 今度聞いてみてちょ(^^)

相手の国の事を知る事が、親しくなって距離を縮める第一歩なんすよ。

「りーにん」の連呼、上等です(^^) 放送禁止用語やないんでね^^;
りーにん
2011年11月27日 11:32
>kaki様、こんにちは。

梨園やなし、柿園のマダムが貧乏なことないあるよ(^^)
いぱい いぱい売て、富有柿の形の家を建ててちょあるね。
そしたら、観光名所にもなて、お金いぱい入てくるあるよ。
好!

ここの映画館、入てないあるよ(^^;)
かれこれ、30年程は寄りついてないあるね^^;^^;^^;
2011年11月27日 11:32
>さ様、おつかれちゃ~ん!

今ても頑張て、営業してるあるよ。  あれっ^^;

私が小学生の頃、ここの映画館の前には大きな映画の宣伝看板が
あって、ドキドキして前を通ったのを覚えています(*^_^*)

この作品は、1週間前のものあるよ。 
今は、「隣の不倫主婦 午後3時の・・・・」やめとこ^^;^^;
りーにん
2011年11月27日 11:33
>かわい様、こんにちは。

中国のトイレ事情、今では大分ましになったものの、まだまだだと思い
ますよ。 
日本みたいに、あちらこちらにトイレがあるわけでもなく、探すのに
苦労しますよ。
私も何度か、ちびりそうになりましたもん^^;
あるデパート(みたいな)ではトイレがみつからず、店員さんに聞いたら
従業員用のトイレに連れていってくれました。 天使に見えた瞬間です。
なので、かわいさんは止めた方がいいかと思いますよん(^^)

万里の長城、14年前ですが少しだけ歩いてきました(^_^)v
りーにん
2011年11月27日 11:34
>憲様、こんにちは。

文化の違いが分かると、なるほどってなりますよね。
日本では、あれ?でも、他国ではそれが普通なんやもんな。
外国人が日本に来て、あれ?って思う事多いと思いますよん。

小津っち、そんな賞もらっとるんや^^;
こんな事言ってたら、またまた叱られそうやな^^;

何なに、CBCのS・1。 
CS契約してないので、見れやんな(T_T)
2011年11月27日 11:56
地デジやぞ!
2011年11月27日 16:51
どうしてもひとつ選べというなら
一番左かなぁ。
りーにん
2011年11月27日 17:28
>憲様、こんばんは。

S・1っていう番組があるんですね。 知らなんだ^^;
0:00~0:50_CBCにて放送。   HDDに予約完了しました。
情報、ありがとさんです。
裏。
2011年11月27日 17:30
>秘。様、こんばんは。

これこれ、そんな選択するコーナーとちゃいますよ^^;
ここは硬派なブログなんですから。           たぶん^^;

あのタイトルから映画の内容を想像すると、
三十路になったら、何をすべきか、これでいいのかと問いただし、
仕事と私生活を絡め、あめちゃんでも舐めて考えようっていうものだと
思います。                      たぶん^^;

この記事へのトラックバック