きつね


の嫁入り


画像



日が照っているのに雨が降っている天気の事を言いますよね。

なぜなのか、森田検索

---------------------------------------------------------------------------------

※天候に関する言い伝え

天気雨のことを「狐の嫁入り」と呼ぶのは、天気雨のときには狐の嫁入りがあるという俗信に
由来しており、「狐の祝言」とも呼ばれる。
江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎による『狐の嫁入図』ではこの俗信に基き、狐の嫁入り行列と、
突然の天気雨に驚いて農作物を取り込む人々の様子が描かれている。

狐の嫁入りと天候との関連は地方によって異なることもあり、熊本県では虹が出たとき、
愛知県では霰が降ったときに狐の嫁入りがあるという。
福島県では旧暦10月10日の夕方にすり鉢を頭にかぶり、腰にすりこぎをさしてマメガキの下に立つと、
狐の嫁入りが見えるという。   らしい(^^;)

                                       - Wikipediaより -
---------------------------------------------------------------------------------

もうひとつの、「きつねの嫁入り」道中行列。

何度かここで登場してる海山道神社

毎年、2月3日に『節分祭』が行われるのです。


画像


これまで2月3日は平日が多く、なかなか行くチャンスがなかったのです。  ガッディム!

今年は日曜日なので、行ってきましたよん(^o^)

11:00~17:00まで、1時間毎に豆まきが行われます。

きつねの嫁入り道中行列」は14:30~との事で、その時間に合わせて。


まずは、豆まきに初参加!(^^)!


画像


簡単に取れる訳もなく、近くにいたおっちゃんがGETしたものを撮らせて頂きました^^;

豆の袋の中に、福引券が入っていたら、更に景品が貰えるらしい。

このおっちゃんも福引券GET。 

」って書いてありました。

「のり」それとも、信子夫人カナ(^^;)   んな事ないっ^^;^^;


さぁ~てと、お待ちかねの「きつねの嫁入り道中行列」の始まりです!(^^)!


画像


海山道神社の神使である福徳家の娘狐「福子」が、神使の総本家である助四郎家の小狐「助太郎」の
元へ嫁入りをする道中を再現。

厄年の男女が、きつねのお面と婚礼衣装を身に着けて、仲人や親類と赤鬼、青鬼と共に神社の周りを
練り歩いて神社内に入ってきます。

画像


きつねの男女はステージに上がり、みんなの前で三三九度の盃を交わし、最後に仲人のきつねが
コーン、コーン、コーン」と鳴いて祝言の儀式は終了。

その後、新郎新婦や両家より、豆まきが行われます。


画像



画像



今回初参加でしたが、なかなか面白いお祭りでした。

次回は、豆をGETするじょー。


                    <身内ネタ>   OBのT田さんとH尾さんに会いました。




節分、豆まきといえば「」の登場です。







画像

                  「」コーチと言われていた、森繁和中日投手コーチ


三重には、鬼という名が付いている城もあるんですよ-。







画像

                        三重県熊野市にある「鬼ヶ城

---------------------------------------------------------------------------------

三重県熊野市木本町にある海岸景勝地。
国の名勝(「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」〈くまののおにがじょう つけたり ししいわ〉)の一部である。

熊野灘の荒波に削られた大小無数の海食洞が、地震による隆起によって階段上に並び、熊野灘に
面して約1km続いている。
志摩半島から続くリアス式海岸の最南端で、この地を最後になだらかな海岸(七里御浜)へと変わる。
東口から山頂へ通じるハイキングコースには桜が植えられており、春には4種類の桜が次から次へと
開花して長期間花見が楽しめる。

1935年(昭和10年)に国の天然記念物に指定された後、1958年(昭和33年)に獅子巌が追加指定され、
名勝および天然記念物「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」となった。
2004年7月に、ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録された。
また、日本百景に選定されている。

<田村麻呂伝説>
坂上田村麻呂が桓武天皇の命を受けて、鬼と恐れられこの地を荒らし廻っていた
海賊・多娥丸(たがまる)を征伐したという伝説。

- Wikipediaより -

----------------------------------------------------------------------------------


あんにんが、小1の時に作った鬼のお面。


画像



あんにんりーたんが、お面を被っての記念撮影。

左上は、先日あんにんがイラストっぽく書いた絵。
                         (今、美塾に展示されているそうな)


って、久々に今夜やってみますか(^o^)








                            「鬼はそとっ、福はうちっ」




-------------------------------------------------------------------------------------

<おまけ-1>


昭和の香りがするぅ~(^^)


画像







昭和食堂にて

画像





<おまけ-2>


さぁ~、気晴らしにでも行こかっ!












画像

                          と言えば、ここなんでしょうな。


昔、「いつものとこ」って言う茶店が松阪にありました。





<おまけ-3>


いつも乗る駅よりも2駅先まで、ケッタを取りにいきました^^;

その途中、こんなお店を見つけました。



画像



鈴鹿では有名な、「鈴鹿あられ」の西川製菓さん


画像


田舎あられと聞いて、「茶漬けあられ」が食べたくなってきましたよん。


画像


松阪や伊勢だけかと思ったんですが、鈴鹿でもそういう文化があったんですね。




<おまけ-4>


1/31、少し遅めの新年会。


若手を集めてLI-NINGポーズで記念撮影(^o^)


画像



おいおい、段々角度が上がって、違う感じになってるやん、マダムやん(^^;)


画像

                         お店にあった、ローソクちゃん。


ローソクが出たついでに。

海山道神社の境内に露店があるのは普通ですが、恵方巻きが売られていました。

恵方巻きも近所のお寿司屋さんなら 有りかと思いますが、この制服^^;





画像

                     「pontaカードはお持ちですか?」って聞くんカナ(^^;)



                                             再見!




きつねのよめいり(こどものとも絵本)
福音館書店
松谷 みよ子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by きつねのよめいり(こどものとも絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年02月03日 20:03
鬼わ~外、福留わ~内(笑)
…って 何年か前にもブログでつぶやいたっけ(笑)

キツネの嫁入り…凄いじょー!!
鬼ヶ城も 凄いじょー!!
じょーじょーばっかで 疲れたじょー(笑)

りーたん&あんにんちゃんの写真、めっちゃかわええ
こう言うの見ると子供欲しいって思うなぁ

おもしろネームの喫茶店…
どっかにもあったあった(笑)
また 見つけたら写真撮ってきますね
しかし、良い感じに記事が繋がってるやんマダムやん
そこは見習いたいとおもいまふ(^^;;

2013年02月03日 20:13
キツネの嫁さん、顔がこわいやんマダムヤン!
2013年02月03日 21:36
今晩やりました~(勘違いしたらあかんよ)
豆まきして 恵方巻き食べて 豆食べて 鰯の頭をヒイラギの木にさして一年中飾る玄関のしめ飾りに差しました(これはこの辺だけかな?) 恵方巻き 今年のはちょっと大きくて無言で一気にはちょっと…

熊野かぁ~ ちょっと前は 釣りとか花火で結構行ったけど… 高速も少しずつ南紀方面に延びとるでりーにんさんも出掛けたってよ
2013年02月03日 21:58
あ、そぅやった(^^;;
恵方巻きの話するの忘れたぁ(^^;;
昨年までは 長くてそこそこ太いのを食べてましたが…
今年は 太くて短いのにしました♪♪
でも、3分の2食べ終わった時に 胸につまりそうになりました(>_<)
お口が小さいから…やっぱ太いのはかぶりつくの無理やゎ~(^^;;

感触…ちゃうちゃう(^^;;
完食したけど…(笑)
りーにん
2013年02月03日 22:29
>さくら様、おつかれちゃ~ん!

その掛け声、見た記憶あり(^^)

そうやった、鬼ヶ城やのに じょーって書くの忘れてたじょー。
じょーじ、ショックだじょー。(いつから、じょーじになったんや^^;)

あんにんとりーたん、小1と小3の頃やで、12年位前っす。
この頃は、色々な行事がある毎にやってましたね。
あの頃のビデオも、撮影直後以外見てないや(^^;)

おもしろネーム、ぜひぜひ探してちょ。
鈴鹿のお好み焼き屋さんに「浪花でおます」っていう店があるのですが、
電話がかかってくると、「浪花でおますでございます。」って言うのが
面白くて(^o^)

>そこは見習いたいとおもいまふ(^^;;
この「そこは」っていうのが(^^;)
硬派な大人の表現は、真似したくないって事なんカナ^^;^^;
りーにん
2013年02月03日 22:30
>監督様、こんばんは。

キツネの嫁さん、確かに怖いけれど、厄年なんで18歳(数えで19)
なんすよ!(^^)!  うなじなんか、すんごく綺麗でしたよ^^;

花婿さんに比べ、花嫁さんの方が目がキツィねぇ~。
りーにん
2013年02月03日 22:30
>憲様、こんばんは。

おぉっ、やりましたかって思ったら、日本人の半数以上がしている事
なんすね^^; ロンモチ、勘違いはしていません、硬派なんで(^_^)v

松阪にいた頃は、同じ様な事していましたよん。
こっちに来てからは、しめ縄飾りもしなくなったし、鰯もしてません。
恵方巻き、恵方を向いて、無言で一気っていうのは、大きさに関係なく
やってないんです。

熊野まで行くなら、落合記念館までって思うのですが、遠くて^^;
また夏にでも行く計画を立てよっカナ(^^)
り。
2013年02月03日 22:31
>さ。様、おつかれちゃ~ん!

さ。ちゃんちも、やりましたか(^^)

長くてそこそこ太いのと、太くて短いのではどちらが好きなんカナ^^;
イカンイカン、何かちゃう方にとられそうやん、マダムやん(*^_^*)
硬派なブログ、硬派な。

舌で感触って(*^_^*)
なんやぁ~完食って書いてあるやん、マダムやん(^^;)
2013年02月04日 01:05
八王子にもありますよ
“いつもの…”ってラーメン屋

ウチは豆まきして恵方巻きはパス
寿司屋に行きました
だいたい口の減らないやつばかりなんで
黙ってというのがどうも…

お嫁さんのお面がとってもキツーね。
りーにん
2013年02月04日 21:52
>ひばり組らん太郎。様、こんばんは。

やっぱ、そういう店名ありましたか。
お客さんみんなが、「いつもの!」って頼んだら、ややこしいやろな(^^)
また、色んなお店探してちょ。

寿司屋さんかぁ~、ええなぁ~。
寿司屋さんも朝から忙しかったでしょうな。
恵方巻き食べましたよん。 でも、あんにんの帰宅が遅かったので
豆まきしたないや^^;

おぉ~、リーダーも同じようなオヤジギャグ言うとるし(^o^)
これで委員です。
2013年02月09日 19:14
りーにんさん(^^)
こんばんは。
ふふふ。
「ところかわれば、お祭り変わる」ですね。
面白そう(^^)
ワタシの夢は、1年ごとに47都道府県に住む・・・
あ!今住んでるところはパス。山形もパス。
なので、45都道府県。
あ!1度住んだところはパスにしようかな(笑)
そちらは暖かいでしょうねェ~。
明日はまた雪マークです
りーにん
2013年02月09日 23:16
>詩音連音様、こんばんは。

同じ三重に住んでいながら、このお祭りの存在を知ったのが会社に
入ってから(^^;) そして、実際に見たのは今年が初めてだったんす^^;
日本全国、面白いお祭りや、知らない食べ物も、まだまだありそう
ですね。
東 京一郎のように毎週転勤だったら、詩音連音さんの夢が叶うんで
しょうな(^o^) 大変やけどね。

今日の三重の最高/最低気温=7/0℃だったと思います。
風が強くてさぶかったので、昼からは家にいました^^;
雪ですか、慣れっこでしょうが大変ですね。
気をつけて下さいね。

この記事へのトラックバック