まもなく


名古屋場所が始まりますね。

画像



今年も追手風部屋が、鈴鹿に宿舎を構えてくれています。

画像


画像



低迷する相撲界にとって、遠藤関の存在は大きいらしく、ここ鈴鹿でも凄い人が見学に訪れているらしい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

大相撲名古屋場所(13日初日、愛知県体育館)で2場所連続負け越しからの巻き返しを狙う
1西前頭5枚目・遠藤(23)=追手風=が、あまりの人気で警察の“世話”になった。
5日、三重・鈴鹿市の部屋で行った稽古を約400人ものファンが見学。
稽古場付近の路上駐車の取り締まりに鈴鹿署のパトカーが出動する事態となった。

遠藤が動けばファンも動く。日に日に増える稽古の見物客は、土曜日だったこともありこれまでで
最高の約400人。遠藤が稽古場から宿舎に移動すると、ファンも列をなして追った。

昨年までとは比べものにならないというファンの多さに厳戒態勢が敷かれた。
頻発する路上駐車に近隣住民から苦情が出たこともあり、鈴鹿市相撲連盟の有志が「駐車禁止」の
看板を持って注意を喚起。
稽古中には前日に続き、鈴鹿署のパトカーが出動し、アナウンスで路上駐車の車の移動を促した。
しかも稽古場が公園内にあることもあり、子どもの叫び声や鳴き声が響き渡る状況。
それでも報道陣の「集中して稽古できるか」との問いに、遠藤は「まあそうですね」と動じず、
新十両・大栄翔(20)らとの18番の申し合いで16勝と順調な仕上がりを見せた。

協会も期待の新星の人気にあやかる。
夏場所に初めて両国国技館に設置して好評だった「遠藤お姫様抱っこパネル」の“名古屋出張”が決定。
「看板力士」として名古屋のファンを喜ばせることとなりそうだ。
師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)は「人が多くて風が通らないから暑いよ」と言うように、
土俵では熱気が充満。
そんな中、遠藤は自身の調子については「それは分からないけど、これからですね」とかわした。
ファンの大きな期待を背負い、3場所ぶりの勝ち越しへ調整を続ける。

                                              ~ 7/6スポーツ報知 ~
-----------------------------------------------------------------------------------------


私もその1人で、土日は外し今日行ってきました(^'^)

今にも雨が降りそうな天気、土日に比べては少なめなんでしょうな。

それでも、150人位はいたような。


画像



近所の幼稚園児達も見に来ていましたよん。

デカすぎて、人間って思っとるんやろか(^_^;)


画像



去年なんて、余裕で見れたのにね。

去年の遠藤関の画像です。


画像

                 出世のスピードが速過ぎて、まげ が結えない状態でしたね。



でも今は、ちゃんと結えてますよん(^'^)


画像


ここ何年かはあまり相撲も見てなかったんですが、昨年からは気になり始めているんです。


画像


今場所は、金星のオンパレードをお願いしますよ。


画像


遠藤関が持っているバスタオル、これってアレですよね(^'^)


画像

懸賞に当たったんやろか?

ちゃいますよね、CM出てるから貰ったんでしょうな。(いい宣伝になりますもんね)



遠藤関の他に、今場所から十両に昇進した大栄翔関もいます。


画像

                   大栄翔関にも、頑張りーにんして欲しいですね。



稽古も終わり、遠藤関が宿舎に引き上げる時はこんな感じです。


画像

                              人気者です(^'^)



若手力士達は、稽古も終わりヤレヤレって感じカナ。

男気じゃんけんって言って、ジュース購入かかりを決めてましたよん。


画像

                          こういう息抜きも必要ですね。


みんなも頑張りーにん!



-----------------------------------------------------------------------------------------

<おまけ>


毎年、初夏到来!って思う、ひまわりが知らぬ間に開花してました。


画像



田んぼの真ん中に、密集しています。


画像


晴天時に撮りたかったのですが、梅雨時やもんな。


画像


青空の元、枯れるまでに撮りたい。


画像




                                          再見!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2014年07月09日 06:32
恒例の追手風部屋レポですね
さすが遠藤関は人気ですね 近かったら私も行ってみたいけど

遠藤は四股名はいつ変えるのだろう・・・

私も相撲部屋見 計画中です
りーにん
2014年07月09日 22:21
>かきろん様、こんばんは。

追手風部屋レポ、今年で5年目になりました。
やっぱ、有名力士がいるとちゃいますね。
連日凄い人みたいです。
近所の方は、違法駐車など困ってるみたいでした。

四股名、そろそろ変えてやってもいいのにね。

ぜひぜひ、かきろんもレポよろしくです。
ゲコゲコ
2014年07月09日 22:44
お久しぶりですm(__)m追手風部屋は、近くにあるんですよ。まだ、遠藤関は見たことないんですが、黒海はみたことあります。冬の稽古はすごいですよ。稽古してるところが、ガラス張りで丸見えなんですが、力士の熱気で曇ってますよ。
りーにん
2014年07月09日 23:17
>ゲコゲコ様、こんばんは。

ええなぁ~近くに部屋があって。
遠藤関、1年前に比べ身体も大きくなったような気がしました。
プロの身体ってやつっすね。
ぜひとも、生で見てやって下さい(^'^)
私も、黒海を見た事ありますが、外国人なのに日本語をうまく
喋ってました。
あの力士の熱気、凄いですよね。

ドラゴンズ、今日はようやく勝ちましたね。
後半に崩れるドラゴンズ、これからも5回でゲーム終了を
希望しますね(^_^;)
さ。
2014年07月10日 22:33
ごぶm(_ _)m

先日、夕方のニュースで観ました(^ ^)
鈴鹿から名古屋まで 場所中移動が大変ですよね~
早く横綱になって貰いたいですね☆
2014年07月12日 18:35
名古屋場所って いつから? ってくらい 相撲は わからんけど 今日の ナゴドにも 力士が いました(当然 名前は わからん(^_^;))


又 負けた(-""-;)
り。
2014年07月12日 22:11
>さ。様、おつかれちゃ~ん!

久しぶりーにん!
元気してましたか。

おぉ~、ニュースでしてましたか。
今年は特にマスコミの方々が沢山いました。
名古屋までの移動、近鉄電車の特急で行くものと思ってましたが
車移動らしいっすよ。
若い衆が言ってましたから。
遠藤関、頑張りーにんして欲しいっす。
そして横綱になった暁には、私が育てたって言います(^_^;)
りーにん
2014年07月12日 22:11
>憲様、こんばんは。

おっ、ナゴドにもいましたか。
私も先日四日市の焼肉屋さんで、見かけました。
写真をお願いしたが、断られましたけど・・・
彼女みたいなのがいたでカナ?

おぉ~、久々のナゴドでしたか。
そんでもって、またまたまた・・・・・負けゲームっすか。
疲れますねぇ。  もう帰宅してるカナ? 
ふぅ
2014年07月15日 23:19
あー!いいないいないいいなー!!!
素敵ですー!相撲レポ!
ありがとございます!

新居、まだテレビが見れないので、相撲めっちゃ気になります~。
勝ち負けもいいけど、取り組み内容を見たいわたしは、めちゃめちゃもどかしいです(T T)

遠藤、大きくなりましたね!

来年は、更に人増えるのかな♬~
りーにん
2014年07月16日 23:07
>ふぅ様、こんばんは。

そういや、女子相撲ちゃうちゃう相撲女子でしたね。
間近で見ると、凄い迫力っすよ。
サイとゾウがぶつかっている感じで(^'^)

テレビ見れん時は、スマホのワンセグがあるですやん。
早く見れるようにせんと、名古屋場所終わってまうよ。
そっか、生で見にいけばええやん、マダムやん(^'^)

遠藤関、大きくなりましたよ。
この間まで、タラちゃんみたいやったのに(^'^)
今日も負けたみたいですね(/_;) ただ今、1勝3敗。
この世界、勝って強くならないと、ファンも離れていきますからね。
頑張りーにんして欲しいっす。

この記事へのトラックバック