ごっほ


有名な「ひまわり」ですが、7つもの作品があったのですね。 知らんかった^^;^^;


画像



----------------------------------------------------------------------------------------
<ウィキペディアより抜粋>

ひまわり(フランス語: Les Tournesols、オランダ語: Zonnebloemen、英語: Sunflowers)とは、1888年8月から
1890年1月にかけてフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた、花瓶に活けられた向日葵をモチーフとする
複数の絵画の名称である。


ゴッホの制作した「花瓶に挿された向日葵をモチーフとした油彩の絵画」という定義であれば、7点が制作された
ことが広く認められている。このうち6点が現存している。
この他に、パリにおいて制作されたものを含めて合計で11点(又は12点)とする定義があるが、これは花瓶に
挿されていない構図も含めている。この項では主に前者の「花瓶に挿された向日葵」というほぼ同様の構図をとる
作品群について述べる。

同様の構図の作品が複数ある理由については、アルルでの生活・制作の根拠であった「黄色い家」の部屋を
飾るためであったとする説がある。

ゴッホは、「ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女」という作品を中央にして、「ひまわり」(ミュンヘン、ロンドン、
アムステルダム、東京にある4点)の何れか2点を両側に展示するというアイデアを手紙に記している。
従って、これらの作品群は習作、不出来のもののやり直しというよりは、やはり複数が揃っていることに意味が
あったものと思われる。この4点が世界中に散逸していることは皮肉である。

7点とも構図はほぼ同様であるが、向日葵の本数は3本、12本、15本と異なっている。

----------------------------------------------------------------------------------------

この季節、アレをまだまだ見たくて、色々探してきました。


画像


こんなんや


画像



あんなんや


画像



そうなんや(あれっ^^;)


画像


このひまわり、好きなんす。


画像


色んな種類があって、見応えがあります。


画像



2日かけて撮影したんですが、天気が悪くて少し残念でした。

やっぱ、青空の下で撮影したかったっす。



--------------------------------------------------------------------------------------

<おまけ-1>


40肩 いやいや 50肩、なかなか良くなりません。

思い切って、中国の按摩屋に行ってきました(^^;)



あっ、ちゃうちゃう「整体」に行ってきました。


画像



肩だけ(¥3,150)でいいっカナって思いましたが、「骨盤など身体のゆがみ等々・・・」って説明を受け
全身(¥5,250_60分)をやってもらいました。


画像


身体のゆがみが大きいんでしょうな。

そこら中痛くて(>_<)   少しは こそばい所もありました。

やってもらった後、前より少し腕が上がるようになてました(^_^)v


自宅でできる鍛え方等も聞いて、少しはやっていこうと思ってます。

人間もやはりガタがくるので、お金はかかるが、多少のメンテは必要でしょうな。



<おまけ-2>


おっ!



近所で祭りの灯籠が。

子供達の作品です。


画像






ステップタッチさ~ん!














画像

                                やなな!(^^)!
 

車を停めて、撮影してました(^o^)

鈴鹿にも、やなな好きの子供がいた事を嬉しく思います。



<おまけ-3>


前々記事で、さくらちゃんが言ってた「ゆかたデー」の りほちゃん(^o^)


画像

                       右の娘っすよ(^o^)  やっぱ、かわえぇ~!(^^)!




                                            再見!

"ごっほ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント